老人ホーム入居のご相談

保証人が居ない・・・
支払い可能な施設へ入居がしたい
もう在宅では限界です。

施設への入居の手続きやお支払額の交渉まで、施設入居のサポートを致します。

老人ホームに入りたいが、「誰に相談してよいかわからない…」「保証人が必要だと言われたが頼れる人がいない」など、老人ホーム入居の事でお悩みではありませんか。
私たちNPO法人ひだまりの和では、老人ホーム入居に関してのご相談に対応し、ご希望の地区・予算・施設の雰囲気まで利用者様のお気持ちを一番に入居までしっかりサポートさせて頂きます。
なるべく複数の施設を選択できる様にし、見学同行・施設への要望・契約説明・ケア計画・お支払いまで全てを一緒に考えてまいります。

安心して生活できる場所を一緒に探しましょう♪ それが私たちの想いです。

このように利用いただいております

S 様 男性 79歳
ご紹介先 ソーシャルワーカー様
居住 アパート(入院)
家族様 キーパーソン なし


病院のソーシャルワーカー様より、身寄りが無いが施設入居をしたい方が居るので話が聞きたいと連絡がありました。
S様と、お会いし身元保証の説明させて頂き契約致しました。
預貯金も限られているので、年金の範囲内で全ての支払いが可能な施設を希望されていました。
特に、地区的なこだわりは無く料金優先で施設選定を開始、年金の範囲内で、施設利用料・かぞく会月額費・介護保険1割負担・医療費・生活用品代・お小遣いをと、施設入居費の相談を施設と協議し
名東区と南区の2つの施設が候補となりました。
後日、病院から見学許可をもらい、施設見学へ同行し説明、施設の雰囲気を確認し、アットホームな施設をS様は選ばれ、施設契約し身元保証人にひだまりの和が署名。
アパートの鍵を預かり、施設での生活ができる様に荷物をまとめ、施設へ搬送。
アパートの大家様にお会いし、状況説明し解約の手続きを後日進める事に、
入居日当日は、病院での清算等を済ませ一度アパートへ戻りS様と家財を、どうするかを決定し処分する家財見積りを取る。
仏壇は施設への持ち込みはできない為、お寺様に頼み魂抜き(仏壇じまい)をする事になりました。
その後、施設へ入居を致しました。
後日、アパートの解約手続き・家財処分・電気水道ガス等の解約・住民票の転入転出等を完了
今では、施設からの生活支援で、通院同行や買い物などの同行を致しております。

あなたの悩みをお選びください

老人ホームに入居したいが身元保証人がいない入院時や施設でのお手伝いをしてほしい。買い物・通院など緊急時の病院や自宅への駆け付け転院や施設入居のお手伝い治療方針・手術同意・ケアプラン等の説明の同席など生活費の管理や支払い代行をして欲しい。もし自分が亡くなった後が不安カラオケ・温泉・お墓参りに行きたいが一人では不安法律などの専門家の支援が必要

 

まずはお気軽にお問合せ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

郵便番号※半角入力で住所を自動入力します

住所

お問合せ内容

メッセージ本文