がんを宣告され

相談者 : O弁護士
年齢 : 67歳 性別 : 女性
病状 : 末期乳がん

相談内容

名古屋在住の女性で結婚歴はなし、キャリアウーマンで仕事をされてきたようです。がんを宣告され、治療をされていましたが、体全体に転移が見られ、余命宣告されたのち、友人から本を進められ、岐阜市にある終末期治療をしている在宅医の先生と出会い残りの人生をゆだねられることになりました。そんな時に本人が亡くなったあとの永代供養までの支援をしてもらえる団体を探してみえました。医院長を通じ私どもの協力先である弁護士さんに相談があり、本人と何回か会うことで、身元保証を引き受ける経緯になりました。

現在までの経緯・支援内容

1. 本人からのヒヤリングにより、結婚歴はなく、子供もいませんが、兄が1人いる事が判りました。
まずは、エレベーターのないマンション4階からご遺体をどう下へ運ぶかの話しから始まり、昼間の場合は周りに判らないようどう配慮するか事前に本人に説明しました。葬儀は岐阜で希望され、火葬費が3倍ほどになるため、現住所を移すよう本人に話しましたが、そのままを希望されました。事前にお別れをするから葬儀はNPO法人だけで執り行うことを希望されましたが、本人と再度話し合いをして、当日お兄さん・姪・甥・友人が参列することになりました。前から共同通信社の記者が医院長の病院を取材してみえたため、新聞記事が連載されることになりました。
2. 安否確認 ・病院への連絡と本人様との面会を実施。
3. 葬送支援 ・事前に決めた、葬儀内容・納骨・永代供養を支援。
4. 契約終了 ・後日精算して、お兄様に会い精算と共に残りのお金を返金して正式に終了しました。