ブログ」カテゴリーアーカイブ

ミニ勉強会にご参加ありがとうございました。

みなさんこんにちわ。

先日、地域限定で身元保証についてのミニ勉強会を実施しました。😃❗😃❗

 

総務省の調査によりますと、「身元保証等高齢者サポート事業者」は日本全国で約400社以上あると言われております。高齢者人口の増加などから、この5年間で事業者数は倍以上に増加しております。

この急激な増加の原因の一つに、現在の身元保証等高齢者サポート事業を国が直接規律・監督する法令・制度等がないため「新規での事業参入がしやすい市場があるため」ともいわれています。最近はニュースなどでも報道されていますが、この急激な事業者の増加とニーズの増大に伴って、内閣府がきちんと管理監督していくという方向性が示されていく事になります。

 

これらのことから、サービスの利用を検討する方々には、今から正しい認識を持つことと、将来に必要なサービスであるかを見定める準備が必要となります。

今回のミニ勉強会では契約時におけるトラブル防止について、傾向と対策を中心にお話しさせていただきました。

 

 

今後も各地域でミニ勉強会を順次開催します。気軽にご参加ください。

 

 

 

 

 

支援について!

普段、我々ひだまりの和が行う生活支援サービスで多いのは、利用者様の病院付添支援や買い物支援です。

病院支援では、ご本人のご家族様と同じように院内にて付添し、受診時には主治医より内容を聞き、施設様やご家族様へお伝えさせて頂きます。

買い物支援は、ご利用者さまの日々の必要な物(食品や家具、家電等)を一緒に購入させていただいております。

食品に関してはご本人様が食べたいと仰っても、ご家族様や施設様がダメと言われるケースがあります。でもこれは、ご本人様の体調の事を考えての事なのです。

なるべくならご本人の御意思に沿うかたちで行わせていただきますが、ご利用者様の健康は一番大事です!!ので、私も心を鬼にして「NO」といいますね!

 

以上  ひだまりの和 加藤でした!

フランスからの面会者

ひだまりの和 支援員 宮本 博です
5月2日に生活支援を行いました。身元保証を契約していて、夫はすでに他界され、一人娘はフランス人と結婚されて帰国することはなく、独居で東海市の施設に入居されている女性87歳の話しです。コロナ以来5年ぶり孫娘キララさん再会でした。本人様は家族に会うのが楽しみで一睡もできなかったそうです。先ずは自宅の様子を見に行きました。普段、庭の剪定年二回・お部屋の掃除を月1回契約させていただいていますので、カビの匂いなどなく長女様に満足していただきました。旦那様のお墓参りに本人様・長女様・孫キララ様と4人で参拝してきました。帰りに今日のメインディシュある、お寿司屋さんに到着、本人様が大好きな蟹の寿司を注文され全部で9巻、茶わん蒸し、アサリの味噌汁ペロリと食べられました。会話も進み娘さんの結婚当時話し、孫2人の自慢話に2時間があっという間に過ぎ、今まで見たことのない会心の笑顔を見させていただきました。施設に戻り玄関先で家族写真撮りました。いよいよ家族と別れる時間が来ましたが、別れを惜しんでおられました。最後は涙の別れです。キララ様が涙を流されご本人も涙のお別れになりました。
本人様、家族様からも感謝され一段と信頼関係ができた1日でした。家族は今日、中部国際空港のホテルで泊まり、明日、朝一番の飛行機で羽田空港着、直行便でフランスへ13時間かけて帰国されます。来年再度帰国される予定です。

『やさしい終活セミナー in名東文化小劇場』満員御礼

4月5日(金)に名東区「名東文化小劇場」で、当会主催の『やさしい終活セミナー』を開催してきました。

 

な・な・な・なんと、当日来場者数は 午前の部・午後の部で合計『460人』の方にご来場いただきました❗😲😲❗

 

当日は朝早くからお待ちいただいたり、午後からは雨も降る中、会場に足を運んでくださった皆様、誠にありがとうございました🍀

 

今回も「終活」をテーマに「生前整理」・「施設入所」・「身元保証」・「葬儀」・「不動産」・「相続」の6つの分野を皆様に出来る限り分かりやすく専門の講師がお話しさせていただきました。

 

人生は100年時代に突入しました。皆さんのまだ長い人生、これからもバラ色であり続けるために今のうちから少しづつ会場でお配りしましたエンディングノートも活用していただき、自分の終活について考え行動していって下さい。

 

人生は選択の連続です。これからも自らが選択し、自己決定することが大切です。

 

様々な情報が必要であったり、選択に困った時にはひだまりの和へぜひご相談下さい。

 

次回は木々の葉が紅葉しだす頃、また皆さんにお会いできればと思っております。

 

 

年を取ると

生活支援員の宮前です。

一ヵ月に一度の月訪問に伺うと歓迎を受けることがよくある。

茶托に乗ったお茶を出していただき

「私はお客さんじゃないから、家族だと思って下さい。おもてなしはいらないのよ~。笑」

「いいから、いいから。」と笑顔で迎えて下さる。

この一ヵ月の日々の生活や困りごとを尋ねると堰を切ったように話してくださる。

「あなたが来るようになってから夢の内容が変わったの。以前は自分で倒れて声が出せなくて誰にも助けてもらえなくて。目が覚めると恐怖心で体が動かないってこともあったけど。ひだまりの和に入って、あなたが来てからの夢は

『今日のご飯、何にしようか』

『クリニック受診は今日だった!』

日常生活がそのまま夢で出てくるようになった。年を取ると色んなことが不安でね。」

体力が落ちて不安を抱えての毎日の生活は辛かったろうし、誰にも話せない環境で暮らすことも不安につながりますね。気持ちが楽になっていただけて私もうれしいです。

会員様とご縁が出来て良かったなと思う一コマです。

 

✨CBCラジオさんレポートドライバーのコーナーへ出演しました✨

こんにちは(●’◡’●)

 

本日、ひだまりの和の本部へCBCラジオさんがレポーター取材に来ていただき、約3分間の出演をさせていただきました❗❗

 

いや~ぁ、正直いって緊張しました~😓

なんといっても、生・放・送・ですから❕❕

 

まさに、呼吸を整え全集中しましたよ ผ(•̀_•́ผ)

 

私たちの「身元保証支援」の活動では、普段から多くの方からのご相談をいただきます。

そのご縁を大切にし、相互間の信頼関係をしっかりと構築するために多くの時間を費やし、しっかりとお話をして関係づくりをしています。

 

私たちの活動に1人でも多くの方が関心を持っていただき、これまで以上に社会に貢献できる団体へと成長していきたいと考えています。

 

 

 

レポーターの 一 光 さんにサポートしていただき、生放送を無事に終えることが出来ました!

ありがとうございました(∩^o^)⊃━☆

 

ラジオ放送再生

 

家財って!

ご閲覧いただきありがとうございます。

今回は家財に関して投稿させていただきます。

人が生活していると、家には様々な物が増えていきます。家具や服、家電製品、洗濯用品、食品、お酒類といった物があり、その人の生活習慣により家の中にある物が異なります。

私自身の家には要る物と要らないものが混在しており、自身が見ても見栄えが悪いと思います。

...これはいけません!ダメな例です。部屋の整理は心の整理と言われる程なので、心の乱れが出てしまっています。アカンです。

昔は目についたものは「これ使えそう」、「これ欲しい」と思って買ってしまい。物が増える一方でした。

しかし、今は  極力物を増やさない➡そのためにはどうしたらよいか➡買う前に一旦、冷静になる!買った後のことを考える。➡本当に必要な物だけ買う

という行動をしています。後は家にある不必要な物の処分すれば、部屋の見ためも良くなり、気分も上がる!

目指せ!!ミニマリスト!!

以上

加藤の家財ブログでした。

【告知】やさしい終活セミナー開催のご案内(^^♪

開催告知:『やさしい終活セミナー』次回開催!!

 

昨年も多くの方にご参加をいただきました「やさしい終活セミナー」

 2023.11.23.国際会議場

 

人生100年の超高齢化社会だからこそ、今から少しずつ老後の事を考えていただきたい・・・。

との思いから、次回の開催が決定しました🤩

 

開催日:令和6年4月5日㈮

会場:名東文化小劇場(名古屋市名東区上社一丁目802番地 上社ターミナルビル3階)

午前の部:9時30分~12時45分

午後の部:13時30分~16時45分

 

もちろん、参加費無料で事前申し込みも不要です。

次回も知っておきたい情報が盛りだくさんです❗❗

 

みなさん、桜の咲くあたたかな日にお目にかかりましょう😊

お風呂

生活支援員の宮前です。
ひだまりの和の会員様で月訪問に伺った時の話。

在宅で独居のK様。

「デイサービスを一日増やして風呂に入りたいんだけど、それが土曜日なんだ。土曜日は吉本新喜劇がテレビでやってるから見たいし。風呂は諦めないかん。残念だ。」と話される。

「テレビ録画のレコーダーお持ちなのでタイマー録画したら解決しますね。」と返すと
「やり方が分からん。」
取説を見ながらリモコン操作すると出来た!

その日の訪問は終了し私は自宅で思う。
「風呂より勝る新喜劇って何?」悶々と日々を過ごしながら思い切って舞台を見に行きました。

笑いました。久しぶりに声を出して笑いました。お隣の席の女性も大笑いしていました。
“そっか、これは楽しいわ。毎週の習慣なら風呂も諦めるわ。録画撮れているかなぁ。”と案じながら翌月の月訪問で伺ったところ、
「吉本新喜劇、舞台見に行きましたよ。笑った笑った!池之めだか兄さんがネクタイと並んで、笑かしてました。笑」
「池之めだか、本物見たの?」と会話が盛り上がりました。

本題のデイサービスですが、ご本人曰く
土曜日は吉本新喜劇の放送日なのでリアルタイムで見たい。
風呂は今のまま週2回でいいわ。

“吉本新喜劇”と“水戸黄門”は人気ですね。楽しみって大事!